パナソニック ビルダーズ グループ

〒516-0071 伊勢市一之木5-4-1
営業時間 10:00~18:00 不定休

Tel.0120-811-701

パナソニック ビルダーズ グループ

メニューを開く

スタッフブログ blog

畑 颯氣

2022/07/02

無垢材と集成材について

みなさんこんにちは!

畑です。

梅雨も明け、暑い毎日が続いていますね💦                          

熱中症には気を付けてお過ごしください。

 

さて今回は、木材についてお話いたします。

お家づくりで使用される木材には無垢材と集成材があります。

それぞれに特徴がありますのでご紹介いたします。

 

「集成材」

 

小さく切り分けた木材を乾燥させ、接着剤で組み合わせた「人工」の木材です。

加工がしやすく、建物の土台や柱、梁、床などに使われるほか、家具などにも幅広く使われています。

 

「無垢材」

 

伐採した木を乾燥させて作った「天然」の木材です。

自然の風合いや香りが魅力で、床のフローリングや天井材など目に見える部分に使われることも多いです。

 

次にそれぞれどのようなメリットとデメリットがあるのかご説明いたします。

集成材メリット・デメリット

 

メリット

・品質が安定しているため扱いやすい
強度が高く品質が安定している木材のため、職人の技術に左右されにくく、扱いやすいです。

 

・無垢材に比べて割れや反りが出にくい

木材には水分が含まれていて、長年使うと乾燥して、反りや割れが発生します。

集成材の材料になる小さな木材はよく乾燥されているので、反りや割れが少ない木材です。

 

デメリット

・接着剤の劣化                              

長い期間が経ったとき、接着剤の劣化によって耐久性が損なわれる可能性も

ゼロではありません。

 

・集成材は体に悪い?

集成材に使われている接着剤の中には、シックハウス症候群の原因になる

ホルムアルデヒドを出すものがあります。ただし、シックハウス防止を目的に

建築基準法が改正され、新たに、建材の規準とその使用制限や24時間計画換気の

義務化が設けられているため、そこまで神経質になる必要はありません。

近年はホルムアルデヒドを出さない接着剤も開発されていますので一概に体に悪いとは言い切れません。

 

無垢材メリット・デメリット

 

メリット

・木目と経年変化が楽しめる

無垢材の魅力は、美しい木目です。木によってひとつひとつ違う木目は

室内にぬくもりを生み出してくれます。また、無垢材は長年使うことで、

どんどん味がでて変化を楽しむことができます。これは集成材にはない魅力です。

 

・調湿作用がある

夏は湿気を吸収、冬は湿気を放出し、室内の湿度を快適に保ってくれます。

梅雨の時期などでも湿気を吸ってくれるのでべたつきません。

 

デメリット

・床や壁にひびや割れが出やすい

無垢材は集成材に比べて反りや割れが出やすい木材です。

そのため、木材や壁にひびが生じたり、床に隙間ができやすくなります。

 

・扱いに技術が必要

無垢材はそれぞれ異なる性質を持つため、扱いが難しい木材です。

原料となる木が育った年数や環境、乾燥の度合い、木の種類などその違いは

様々です。この木の性質を理解し、適切に扱える大工さんは現代では数少なくなっています。

 

 

どちらもそれぞれメリット・デメリットがあります。

事前にメリット・デメリットを知り、住宅会社と相談して後悔のないお家づくりをしてください!!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました😊

CONTACT CONTACT

D-one homeのスタッフが
親身になってご対応いたします!
お気軽にホームページを
見たとお問い合わせください!

0120-811-701 0120-811-701

■本社 〒516-0026 三重県伊勢市宇治浦田3-35-24 
定休日:水曜、土曜、日曜、祝日
受付時間:9:00~17:00
■支社 〒516-0071 伊勢市一之木5-4-1 
定休日:不定休 営業時間: 10:00~18:00

ページの先頭へ戻る