インタビュー

INTERVIEW

ディーワンホームで働くスタッフたちに、それぞれのポジションや役割から見える”やりがい”と”苦労”を聴いてみました。

マネージャー 西 優
マネージャー 西 優
プランナー 出口 詩麻
プランナー 出口 詩麻
工務部チーフ 仲林 万年
工務部チーフ 仲林 万年
パート  後藤 花野子
広報  後藤 花野子
プランナー  山本 真由
プランナー  山本 真由
管理部チーフ 田島 かすみ
管理部チーフ 田島 かすみ

西 優(Yu Nishi)

2013年入社(中途)
大阪府堺市出身
マネージャー 兼 プランナー・コーディネーター(営業)

マネージャー 西 優

ディーワンホームではどんなお仕事を?

私の仕事は大きくは2つ。
ディーワンホームのマネージャーとして会社をまとめること。
特に今は、スタッフの教育やマーケティングのアドバイスを積極的に行なっています。
また、プランナー&コーディネーターとしては、お客様の窓口となってお家づくりをサポートしたり、他スタッフが担当するお客様のお打ち合わせにも参加したりしています。モデルハウスのご案内はもちろん、ご希望いただければ家具選びなどインテリアまでご提案しています。
時には保育士資格を活かしてお子様の保育などもするのでいろんなところで顔を出すことが多いかもしれません。

入社の決め手を教えてください!

伊勢に引っ越してきてから仕事を探そうとハローワークに行ったら”保育士兼設計アシスタント」を募集しているのを見て「今までの接客経験と保育士資格を活かせる仕事はこれだ!」と確信。
また、会社理念として「お客様の家づくりをサポートするスタッフが幸せでないとお客様を幸せには出来ない」とスタッフの幸せ(CS<ES)を第一に考える理念に共感して入社しました。

前職とのギャップや苦労したことは?

入社まで建築・インテリアというものにあまり興味を持ってこなかったので全く知らない業界に飛び込んだため「お家づくり難しすぎる、、、」と覚えたり理解することが大変でした。最初は建築士の社長や先輩スタッフが言ってることは全て外国語に聞こえてました(笑)なので、お客様の「お家づくり色々あって難しい」という気持ちがあの時の気持ちと一緒ですごく分かるので、できる限りかみ砕いてご理解いただきやすい説明を心がけています。
また、前職のアパレルは目の前にある商品をご提案することに対して家はそうじゃないこと。まだこの世に出来上がってない状態からご契約いただき、最後にやっと家が完成する。ご提案するモノが目の前にないところからスタートすることにびっくりしてそんなこと出来るのか?!と自信が持てなかったです。目の前にないものに対してしっかり価値をお伝えしてご納得いただかないといけないこと。最初はこれが一番ギャップを感じたところです。

やりがいを感じる瞬間は?

やっぱりお引き渡しの時の感動が一番かな?と。何回も経験してるのに何回も泣いてしまいます(笑)
今までのそのお客様との思い出を振り返ったりするともう泣けてきたり、家づくりに対しての想いもよくわかってる分、完成して喜んでくださる姿を見ると鳥肌が立って本当に心から「おめでとうございます!!」とその場に立ち会えたことに嬉しくなります。「この仕事しててよかった〜!!」と思える瞬間が毎回お引き渡しであること。一生で一番高い買い物と言われる分、責任も大きく大変なことももちろんありますが、泣けるくらい感動できる仕事ができることは幸せなことだと思います。その後のオーナー様との関係も切れることなく、お子さんの成長を一緒に喜んだり、友達のような関係でいろんなお話ができたり、変わらずずっと幸せを共有できるので、最高に楽しいやりがいのある仕事につけてると思います。

西さんの目標を教えてください!

実際にこの会社に入るまで建築もインテリアも興味のなかった私が「家づくりめっちゃ楽しいやん!!!」と思えたので、その楽しさをお客様に伝えていきたいし感じてもらいたいと思っています。
毎回のお打ち合わせもそうで、「今日何回お客様を笑わせて楽しんでもらうか」を一番のモットーにしています。どれだけ笑い声が出る打ち合わせになったか、アンケートも面白かったにチェックがつくかはディーワンホームでは非常に重要です。”楽しむ”を大事にしているからこそ、どこの会社よりもディーワンホームの打ち合わせが一番楽しい!と言ってもらいたいなと思っています。

出口 詩麻(Shima Deguchi)

2018年入社(新卒)
三重県いなべ市出身
プランナー・コーディネーター(営業)

プランナー 出口 詩麻

ディーワンホームではどんなお仕事を?

初めてディーワンホームにご来場されたお客様のモデルハウスのご案内からコーディネートまでを中心とした営業職をしています。
また、2019年に発足したマーケティングチームのリーダーとして、広報活動にも力を入れいています。

入社の決め手を教えてください!

 新卒1期生として入社したのですが、まず初めに会社説明会でとにかく社長が熱かった(笑)こんなにも会社の未来やスタッフのことを熱く語るんだから、社長はこの会社やスタッフが本当に好きなんだろうなと感じました。そんな愛のある人の下で働いてみたいと思ったのが入社のきっかけです。ただ、建築業界という未知の世界で果たして自分はやっていけるだろうかと不安はありました。その不安を払拭して「ここに入る!」と決断できたのはマネージャーの西の存在でした。前職のアパレルから保育士スタッフを経てプランナーとなった経歴と周りを巻き込む影響力、そしてなんといってもあのナニワ魂。笑 文句なしで「この人のようになりたい!」と思ったのが入社を決めた最大の理由です。

新卒1期生、苦労したことは?

仕事のため実家を離れ伊勢に来たので、まずは環境になれることに苦労しました。それと建築について全くわからなかったので、慣れない用語の飛び交う会話についていけず苦労しました。今も常に勉強の毎日です。さらに新卒の先輩がいない環境だったので、キャリアスタッフのできる先輩方のやり方を自分なりに考えて行動することは一番に大変だと思うところです。

やりがいを感じた瞬間は?

お客様からお申込みをいただく瞬間はプランナーとしてとてもやりがいを感じます。その中でもあるお客様から、お申込みの決め手は「出口さんが担当だったから」とお話しいただいたことがあります。これ以上ないお言葉でした。ディーワンホームという会社はもちろんですが、私という人で選んでいただけたことがとても嬉しかったです。これは、プランナーとしてお客様と一番関わる部署だからこそ味わうことのできるやりがいだと思います。「この人のために」と思う気持ちが一生忘れられないやりがいに繋がると信じています。

出口さんの目標を教えてください!

私のモットーは「真面目に、笑顔と心配り」なのですが、その信念のもとディーワンホームの一つの柱となって会社を成長させていきたいと思っています。今はまだ地元の一工務店ですが、いずれは伊勢といえばディーワンホーム、そしてディーワンホームといえば出口詩麻と思っていただけるプランナーを目指して日々頑張りたいと思います!

後藤 花野子(Kayako Goto)

2019年入社(パート)
三重県鳥羽市出身
広報

パート  後藤 花野子

ディーワンホームではどんなお仕事を?

SNSの投稿や広告作成などをはじめとしたマーケティングに関することをしております。
お客様のニーズに合わせたイベントの企画や、ディーワンホームという会社をより多くの方に知っていただき理想のお家づくりをスタートするためのお手伝いをさせていただいております。

入社の決め手を教えてください!

未経験の仕事に踏み出してみたい!という思いがありました。
そのような思いのある中、ディーワンホームは少数精鋭で自分の知識や技術の向上に最適な環境だと感じました。「楽しむ」を大切にしているディーワンホーム。もちろん仕事なので大変なことや悩むことはあって当然なのですが、それをプラスに考えられるよう導き、そして楽しく仕事が出来るようみんなで考えてくれる力強い先輩スタッフがいるということが最大の決め手となりました。

前職とのギャップや苦労したことは?

いままでは決められたことを淡々と行う事務作業や、接客業だったので、初めての業界、職種、作業ばかりだったので何をするのも手探り状態でした。
マーケティングという経営の重要な部分に携わらせていただくプレッシャーはありますが、苦労するからこそのやりがいなども感じることができます。ディーワンホームがどのような会社なのか、細かな特徴や方向性、決まり事などブランディングの部分を理解するのが一番時間がかかったと思いますが。しかし、広報を行う上で基本であり最も重要な部分でもあるので、時間をかけてでもしっかり理解しておく必要があると思いました。
日々変化するお客様のニーズを敏感に察知し、イベントを組むなど行動に移さなければならないので、情報収集は欠かせない業務となります。常にアンテナを張り巡らせていることが重要なのかなと思います。

やりがいを感じた瞬間は?

初めての事ばかりなので何をするにも新鮮で、勉強になることばかりです。
SNSでフォロワーが増加したり、イベントにたくさんの方がご来場してくださったりと、はっきりと数字で表れる部分にももちろんやりがいは感じられます。しかし、一番はやはりお家が出来上がり、引き渡しの時です。広報としての仕事ではないのかもしれませんが、ディーワンホームではお家づくりにスタッフ全員が関わらせていただきます。お引渡しセレモニーでのお客様の笑顔やお言葉、感動で涙される瞬間はこの会社に勤めているからこそ一緒に体験することの出来る幸せな空間です。

後藤さんの目標を教えてください!

まずは南勢地区で一番のマーケティングチームとなることです。マーケティングのことならディーワンホームを見本にするべきと思ってもらえるほどのチームになることが目標です。もっとたくさんの方にディーワンホームも知っていただき、良さを知っていただき、ご縁を頂戴して素敵で楽しいお家づくりを進めていく。その一員として関わらせていただけたらと思っています。

山本 真由(Mayu Yamamoto)

2020年入社(中途)
三重県志摩市出身
プランナー・コーディネーター(営業)

プランナー  山本 真由

ディーワンホームではどんなお仕事を?

プランナー兼コーディネートをしています。
プランナーは一番お客様と過ごす時間が長いのも特徴です。
お家づくりを考えているお客様のご希望のスタイルやデザイン性などのご希望ご要望をうかがい、カタチにしていきます。
ディーワンホームのお家づくりに込めた想いやこだわりをお客様にお伝えし、ご共感いただいたお客様とご縁をつなげること。そして、一生に一度のお家づくりを楽しんでいただく事を一番に考えて仕事をしています。

入社の決め手を教えてください!

昔から、人を喜ばせる事が大好きで、人の役に立てる仕事をしたいと思っていました。
前職はウエディングプランナーとして幸せのお手伝いをしておりました。
そんな中、結婚式を終えた新郎新婦様から『次は家を考えないと・・・』『家を建てる打合せが大変』等のお声をよく耳にしお家づくりに興味をもちました。
またインテリア・雑貨が大好きで調べれば調べる程ワクワクしそして何よりお客様のお役に立てる!ここが決めてとなりましたが一番は会社の雰囲気です。
人としての温かさやお客様のおもてなしスタッフの想いに共感し入社を決めました。

前職とのギャップや苦労したことは?

初めてお客様と出会ってからお引渡しに至るまでの時間の長さやその後一生のお付き合いになる事です。
ウエディングもお客様の一生に一度の大切な時間に携わるお仕事でしたが、お家づくりは10年20年とメンテナンス工事が必要であったり、リフォームやメンテナンスや点検などを通して一生お付き合いが続いていく、という点は前職との大きな違いがあると思いました。
建築に関して、会議やスタッフ同士の会話の中での建築用語がわからず今も苦戦しています。
そんな中、社長から『わからない専門用語や気になる所あった?』と聞かれメモをした所を丁寧に教えて頂き『今後もわからない用語などあれば聞いてね』とおっしゃって頂き分からない所が聞ける環境と自分自身調べて学ぶ当たり前のようでなかなかできない事を今ではさせて頂いています。
また、職種とは別にマーケティングの方もお仕事をさせて頂いています。
初めてイラストレーターやフォトショップのデザイン系にも携わり、今までやった事のない事へのチャレンジができる事、『可能性にフタをしない』そんな社長の気持ち、言葉で更なるやる気が湧いてきました。
毎日が勉強!勉強!でついていくのに必死ですが、その分やりがいと新たな楽しみがあります!

やりがいを感じた瞬間は?

先輩プランナーがお引渡しの際に、お客様と初めてお会いした時から一緒に今まで過ごした思い出を振り返ってプランナーもお客様も涙されているのを見て、「いつか私もお客様に感動と笑顔をお届けしたい。」と思いました。
なので、本当のやりがいを経験するのはこれからなのかな?と思うのですが、お客様にご満足いただく事が一番と考えております。

山本さんの目標を教えてください!

一生に一度の大切なお家づくり、お客様のこだわりであるデザイン性や機能性そして何より安全性を考え一緒に楽しくお打ち合わせができるプランナー・コーディネーターになる事が目標です。
お客様1組1組に『ディーワンホームでよかった』と満足して頂きその言葉に甘えずディーワンホームを更なる高みへと挑戦し続ける会社にしていきたいです。