20 6月 2018

2回目

の投稿となります。

皆様こんにちは。

工務部の中世古です。

いきなりですが、「大工」と聞くと皆様どのようなイメージをされるでしょうか?

「ねじり鉢巻の頑固なおやじ」

このようなイメージをされる方が多いのではないでしょうか?

こんな感じです。

私もこの業界に入る前まではそのようなイメージがありました。

 

しかし

イメージは飽く迄でイメージ

実際はとてもやさしく素敵な方ばかりです。

ということで私が普段お世話になっている大工さんを数名紹介します。

 

 

 

 

 

 

伊勢市にお住まいの坂田大工さんです。

見てください。世間のイメージからかけ離れたこの愛嬌のある笑顔。

3時のおやつの時間に食べようと軽トラの荷台においておいたハッピーターンをカラスに袋ごと盗られてもニコニコしておりました。

私が公休の日には必ずといっていいほど朝の8時ちょうどに個人携帯にモーニングコールをしてくると言ったお茶目な一面もあります。

 

 

 

 

 

 

こちらは志摩市にお住まいの坂本大工さんです。

見てください。世間のイメージからかけ離れたこの愛嬌のある仕事着。

仕事着だけでなく、愛車はピンクの軽トラ、髪の毛も最近パープルに染め、お洒落に抜かりがございません。

最近買ったスマートフォンには公共の電波ではお見せできないレベルのキーホルダーをぶら下げております。

 

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した大工さんはまだほんの一部の方に過ぎませんが、本当に皆良い人ばかりです。

この記事を読んで少しでも大工さんのイメージが和らいだのでしたら幸いです。

ご観覧ありがとうございました。